ネット通信機器をレンタルを利用した際の料金相場

ポケットWi-Fi機器レンタルの最安値をご紹介

簡単な裏技とまとめ記事

テザリングでポケットWi-Fiの代わり

docomo,softbank,au大手キャリアのスマホにはテザリング機能がついていますね。
テザリング機能はスマホを、Wi-Fiルーターのように機能させるものです。
今や多くの地域で、4G回線が使用可能なので速度的にも、あまり不満はないと思います。

もし、少ない容量の通信料でWi-Fi環境が必要なら、スマホの4Gでテザリング接続をするのも一つの手です。
Docomo,softbank,auともに少容量であれば、無料オプションが対応しています。

また、追加オプション料金を支払えば、月に500円で50ギガまでテザリングが使用可能です。
ランニングコスト的にも、有利な選択になると思うので、是非検討してみてくださいね。

ポケットWi-Fiのまとめ

ポケットWi-Fiを見ていきましたが、料金的は各機種の最安値を見る限り、ほぼ機能とリンクしている
印象を受けました。
往復の郵送代も全社横並びの料金体系でした。

とりあえずWi-Fi環境を確保したいと言う事であれば、SoftBank 601HWがベストチョイスだと思います。

その他ビジネスシーンでの利用を考えると、WiMax WX03,SoftBank 303ZT,au HWD11が選択枝になると思います。
室内利用ではWiMaxが若干不利ですが、窓際におく事が出来れば問題はないと思います。

後は容量オーバーしたときの追加料金をしっかり管理すれば、安価な出費で済むはずです。

また最後にご紹介したテザリングも、4Gが安定している地域であれば賢い選択肢と考えられます。


このコラムをシェアする